忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 21:00 】 |
★2010年「このミステリーがすごい」第2位:『ダブル・ジョーカー』柳広司(著)

このミステリーがおもしろい。このミステリーが面白い。

柳広司おすすめミステリー小説、お奨めの柳広司のミステリー小説。柳広司の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『ダブル・ジョーカー』柳広司(著)だ。


2010年「このミステリーがすごい」第2位。


結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。

だが、同じカードは二枚も要らない。

どちらかがスペアだ。

D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―。

表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。

吉川英治文学新人賞&日本推理作家協会賞W受賞の超話題作『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第2弾、早くも登場。

 

柳広司の、『ジョーカー・ゲーム』の続編となる連作短編集。

’09年、「このミステリーがすごい!」国内編、「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門共に第2位に輝いた。

前作は、角川書店の「野性時代」掲載分2編、書き下ろし3編からなる5編だったが、本書では、同誌掲載分4編、書き下ろし1編からなっている。


●『ダブル・ジョーカー』・・・・・・“D機関”のライバル“風機関”との親英的な元外交官の機密漏洩案件をめぐっての競い合い。

●『蝿の王』・・・・・・北支の前線を舞台に共産主義シンパの軍医が戦場で行う意外な機密連絡法とは。

●『仏印作戦・・・・・・』仏印と東京とで交わされる暗号通信にひそむ罠と闇。

●『柩』・・・・・・ベルリンの列車衝突事故で命を落とした日本人の男は欧州全土に張り巡らした“D機関”のスパイ・マスターだったのか。

●『ブラックバード』・・・・・・ロサンゼルスに渡った「二重経歴(ダブル・カバー)」の“D機関”スパイ仲根の行き着く先は。


本書では、巻末の書き下ろし『ブラックバード』を除いて、“D機関”卒業生のスパイが最後まで(生きて)登場しない、また、その開設者結城少佐の若き日の一端が明かされる『柩』をはじめ、いずれも前作にも増して凝ったプロットで、二重三重のひねりを一層加えた逸品揃いである。

また読者は、スパイたちの前作をしのぐ、世界を股にかけた究極の頭脳戦をたっぷり堪能できて鮮やかに騙されること請け合いである。



【アマゾン】

『ダブル・ジョーカー』柳広司(著)
  ↓
ダブル・ジョーカー





【楽天】
『ダブル・ジョーカー』柳広司(著)
  ↓
 ●【送料無料】ダブル・ジョーカー




 

【送料無料】ダブル・ジョーカー

【送料無料】ダブル・ジョーカー

価格:1,575円(税込、送料別)






★おすすめの面白い名作ミスーテリ、傑作ミステリー小説が200冊以上のサイト★
     ↓
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
http://jyunhikobook.web.fc2.com/index.html


 

PR
【2010/12/31 14:26 】 | 2010年傑作ミステリー小説 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<おすすめのミステリー★2011年度ミステリーベスト10(週間文春)●第1位「ジェノサイド」高野 和明 (著) | ホーム | ★2010年「このミステリーがすごい」第1位:『新参者』東野圭吾(著)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>